竜とそばかすの姫は面白くない?子供に見せたくないという声の真相は?

竜とそばかすの姫 面白くない 子供に見せたくない ひどい つまらない
URLをコピーする
URLをコピーしました!

細田守監督によるアニメ超大作『滝とそばかすの姫

謎の存在の竜の声を人気俳優の佐藤健さんが務めたり、ベル役をシンガーソングライターの中村佳穂さんが務めるなど、多方面から話題となりました!

一方、ネット上では「面白くない」「子供に見せたくない」「何が言いたいのかわからない」といった厳しい意見も・・

そこで今回は、「竜とそばかすの姫は面白くない?子供に見せたくないという声の真相は?」と題して、調べた内容をお届けさせて頂きます!

「細田守監督」の映画全作品が!
「U-NEXT」で見れます!

\映画も漫画も断然!U-NEXTがお得♪/

>>「細田守作品」をチェックしてみる

目次

竜とそばかすの姫は面白くないという声の理由は?

最終的に「滝とそばかすの姫」の興行収入は66億円となり、2021年の映画では第3位となっているため、それだけ人気があったということがいえます。

しかし、中には面白くないといった声もあり、今までの細田守監督作品の中では厳しい評価も多くありました。

ひどい」「つまらない」といった声をそれぞれ紹介していきます。

豆ねこ

ちなみに、2021年の1位は「シン・エヴァンゲリオン」の102億円で、2位は「名探偵コナン」の76億円でした!

ひどいやつまらないという声

シンガーソングライターの中村佳穂が声優をやるの?私の大好きな中村佳穂が?!?!!!!って見てみたけど、内容がひどすぎて、あれでは中村佳穂さんがかわいそう。

現実と仮想空間の切り替えの仕方が雑というか、、突然すぎる展開が何度もあって物語に集中できなかった。

友人がひどいと言っていたので期待して見なかったけど、なんかもったいない作品だったと思います。しっかしストーリーを作り直せば名作になれる気がします

凄かったのは映像と歌のみ。とっても人気だったので見に行ったけど、つまらなかった。終盤はみてるこっちが恥ずかしくなった。つまんなすぎてびっくりした。

美女と野獣は大好きな作品なので中途半端に真似された感じでショック。見る前から「この作品には美女と野獣のパロディーが含まれます」みたいな注意があったら絶対に見なかったのに…

主人公の周りにいる登場人物に人間味がないのが残念。セリフから感じるはずの人の温度が感じられない。仲間にも、敵役にも、一人ひとりにあるはずの人生が表れないのがひどいなあ。

美女と野獣の雰囲気に…絶対寄せすぎでしょ。見た目も髪型も、、薔薇に階段周り、城まで(笑)

「サマーウォーズ」と「時をかける少女」はあまりにも名作すぎるから、細田守監督ファンは竜とそばかすの姫は中途半端に感じてしまい納得いかないかもしれませんね。

面白くなかったという意見の多くは、「ストーリー」と「美女と野獣に似ている」という点が多くありました。

映像と音楽の評価が高いだけに、ストーリーがもっとわかりやすく、感動的な良い意味での裏切りがあるとよかったのかもしれません。

また、美女と野獣のファンからは厳しい意見が当然のようにありましたね・・。

何が言いたいのかわからないという声

すずが一人で暴力オヤジに虐待されてる恵たちを助けに行くのを、父親を含めた周りの大人の誰も止めないという絶対にあり得ない、あってはいけない展開が謎すぎる。

美女と野獣が大好きでやりたいのは分かりますが、寄せ過ぎていてディズニー版を観た事がある人には感動の鮮度が非常に悪いです。

音楽と映像に力を入れすぎ?その分ストーリーがグデグデで、結局この作品は何が言いたいの??

何を中心に話が進んでいるのかが全然分からず、キャラクターも色々出てきて、何がなんだか分からなくなってしまった。どこに気持ちを置けば良いのか迷ってしまう作品はおすすめできないよね・・

話の展開が唐突すぎてよくわからない。なんでそう思ったの?なぜそういう行動をしているの?とか。映像と音に予算を使いすぎてしまったのかな?

話の展開の速さや、仮想世界との行き来など、ある程度のリテラシーがないと展開についていけないという人もいるかもしれません。

また、話が複雑すぎて、結局何が言いたいのかわからないといった意見もあったようですね・・。

竜とそばかすの姫は子供に見せたくないのはなぜ?

竜とそばかすの姫では一部リアルなシーンがあります。

それを良いと評価をする人もいれば、良くないと評価する人も中にはいても当然ですよね。

特に子供に見せたくないといった声が多かったシーンを紹介していきます。

子供に見せたくない理由①嘔吐のシーン

主人公のすずが橋で嘔吐をするシーンがありました。

すずは母親の死によって歌うことを自然と拒否するようになってしまい、精神的な抑圧のある状態でミリやり歌おうとした結果、体が拒否反応を起こしてしまい、吐いてしまったのだと思います。

すずが嘔吐することでその背景がわかりやすく伝わった人もいると思いますが、そのような心理的な要因がわからないと??ってなってしまう人も中にはいますよね。

子供に見せたくない理由②虐待のシーン

竜の正体であるけいとともくんが父親に虐待されているシーンがあります。

けいくんは父親に暴力を振るわれている弟のともくんをかばう場面も。

子供にとっては少しリアルかもしれませんね・・。

また、そんな虐待をしている父親から2人を助けようとすずが1人でその場所に向かいますが、そんな危険な大人がいるとわかっていながら周りの合唱団の大人たちは全力で止めることもなく「すずが決めたことだから」と容認してしまいます。

すずの母親は周りに他にも大人たちがいたにもかかわらず、川に飛び込み命を落としてしまいました。

ある意味、今回のすずの行動も同じと言えます。

もしすずに何かあったらと考えると、やっぱり心配ですよね。

子供に見せたくない理由③誹謗中傷のシーン

竜とそばかすの姫の中に何度かネットの匿名投稿による誹謗中傷のシーンが登場します。

すずの母親が他人の子供を助けるために川に飛び込み亡くなってしまった時や、すずがベルとして<U>の世界に登場した時、またどんな時でも誰かが行動する度に誹謗中傷の投稿があります。

そのことをどうとらえるのかは賛否両論あると思いますが、それを子供にどう説明するのかが難しいのかもしれませんね。

まとめ

今回は、竜とそばかすの姫は面白くない?子供に見せたくないという声の真相は?といった内容を紹介させて頂きました!

面白くないといった意見も多くありましたが、「感動した!」「最高!」といった声も多くあります。

子供に見せたくないという人も中にはいますが、子供に見せることで物語から成長できることもあると私は思います♪

細田守監督の作品は『竜とそばかすの姫』の他にも、

  • 時をかける少女(2006)
  • サマーウォーズ(2009)
  • おおかみこどもの雨と雪(2012)
  • バケモノの子(2015)
  • 未来のミライ(2018)

など、日本のアニメ映画史上に残る名作を沢山手掛けています!

細田守監督作品はどれも感慨深く、心に残る作品ばかりで何度観ても感動してしまいますよね・・

また改めて観ると違った発見や楽しみができるのもアニメ映画の醍醐味ですよね♪

「細田守監督」の映画全作品が!
「U-NEXT」で見れます!

\映画も漫画も断然!U-NEXTがお得♪/

>>「細田守作品」をチェックしてみる

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる