【時をかける少女】ちあき・まこと・こうすけの声優は?名言(セリフ)を紹介!

青春を描いた『時をかける少女』の登場人物である、「ちあき(千昭)」「まこと(真琴)」「こうすけ(功介)」の声優と、それぞれの名言(セリフ)を紹介します!

細田守監督作品は物語だけでなく、さりげない1つのセリフにも意味があったりして感動させられますよね・・♪

「細田守監督」の映画全作品が!
「U-NEXT」で見れます!

\映画も漫画も断然!U-NEXTがお得♪/

>>「細田守作品」をチェックしてみる

目次

時をかける少女|ちあき(千昭)の声優と名言(セリフ)

千昭は未来からタイムスリープして来た未来人で、イケメンでヤンチャだけど、とても優しい心の持ち主です。

未来にはイケメンが多いのであれば、未来がさらに楽しみですね♪ww

ちあき(千昭)の声優

千昭の声優は、石田卓也さんです。

  • 名前:石田卓也
  • 読み方:いしだたくや
  • 生年月日:1987年2月10日
  • 年齢:35歳(2022年11月現在)
  • 出身地:愛知県
  • 血液型:B型
  • 主な作品:蟬しぐれ/リアル鬼ごっこ

ちあきの名言(セリフ)

「帰らなきゃいけなかったのに、いつの間にか夏になった。おまえらといるのが、あんまり楽しくてさ」

「真琴、俺と付き合えば?」

「川が地面を流れているのを初めて見た。自転車に初めて乗った。空がこんなに広いことを初めて知った。何より…こんなに人がたくさんいるところを初めて見た。」

「俺、この時代好きだよ。野球もあるし」

「どれだけ遠くにあっても、どんな場所にあっても、 どれだけ危険でも、見たかった絵なんだ」

「お前さぁ、タイムリープしてね?」

「俺が未来からきたって言ったら、笑う?」

未来で待ってる

時をかける少女|まこと(真琴)の声優と名言(セリフ)

真琴は時をかける少女の主人公で、高校2年生の長女です。

ショートカットの似合う野球好きという明るくて元気な女子高生♪(ちょっとおっちょこちょい)

まこと(真琴)の声優

真琴の声優は、仲里依紗さんです。

  • 名前:仲里依紗
  • 読み方:なかいりさ
  • 生年月日:1989年10月18日
  • 年齢:33歳(2022年11月現在)
  • 出身地:長野県
  • 身長:162cm
  • 血液型:B型
  • 夫:中尾明慶

まことの名言(セリフ)

「まさかとは思うけど、死ぬんだ。今日で最後なんだ。こんな事になるなら、もっと早く起きたのに。寝坊なんかしないし、遅刻もしない。天ぷらももっと上手く揚げる。馬鹿な男子にぶつかられたりしない。今日は確か、ナイスな日なのに」

「あたしもさ、実はこれからやること決まったんだ」

「あたし、千昭のこと、好きだ。ごめん」

「最低だ、あたし。人が大事なこと話してるのに、それをなかったことにしちゃったの。なんでちゃんと聞いてあげなかったのかな」

「あの絵、未来へ帰って見てよ。もう無くなったり、燃えたりしない。 千昭の時代にも残ってるようになんとかしてみる」

「私のこと好きっていったくせに」

うん、すぐ行く、走っていく

時をかける少女のこうすけ(功介)の声優と名言(セリフ)

いつも真琴が野球をするときに千昭と3人で一緒に遊んでいる功介

功介は耳にピアスを開けていて、少し大人な雰囲気を醸しだしています♪

親は医者で自分も医者を目指しているというすごい人!

こうすけの(功介)声優

功介の声優は、板倉光隆さんです。

  • 名前:板倉光隆
  • 読み方:いたくらみつたか
  • 生年月日:1976年11月22日
  • 年齢:46歳(2022年11月現在)
  • 出身地:静岡県静岡市
  • 主な出演作品:時をかける少女/サマーウォーズ

こうすけの名言(セリフ)

「俺が彼女作ったら、真琴がひとりになっちゃうじゃん。」

「普段バカだと思ってるやつが俺よりいい点取りやがった。俺もウカウカしてられない。だから・・・申し訳ないけど」

真琴、前見て走れ!

【まとめ】時をかける少女|ちあき・まこと・こうすけの声優は?名言(セリフ)を紹介!

今回は、時をかける少女|ちあき・まこと・こうすけの声優は?名言(セリフ)を紹介!といった内容を紹介させていたきました!

  • ちあき(千昭)の声優→石田卓也さん
  • まこと(真琴)の声優→仲里依紗さん
  • こうすけ(功介)の声優→板倉光隆さん

時をかける少女で名言も多くあり、大人になってから観返すと当時何気なく見過ごしていたセリフにも意外といみがあったんだぁなどと気付くことがあって、また違った楽しみ方ができますね♪

細田守監督の作品は『時をかける少女』の他にも、

  • サマーウォーズ(2009)
  • おおかみこどもの雨と雪(2012)
  • バケモノの子(2015)
  • 未来のミライ(2018)
  • 竜とそばかすの姫(2021)

など、アニメ映画の名作を沢山手掛けています!

細田守作品はどれも感慨深く、心に残る作品ばかりで何度観ても感動してしまいますよね・・

また改めて観ると違った発見や楽しみができるのもアニメ映画の醍醐味ですよね♪

「細田守監督」の映画全作品が!
「U-NEXT」で見れます!

\映画も漫画も断然!U-NEXTがお得♪/

>>「細田守作品」をチェックしてみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次